医者

乳房のしこりに気づいたら

女性

日本では40代前半で乳がんの罹患率が最も高くなります。女性ホルモンのエストロゲンが原因のひとつと考えられ、患者は増加傾向にあります。早期発見できれば乳房を温存したまま治療できるため、定期検診が大切です。

Read More >>

自分の免疫でがんを治す

眠る女性

免疫細胞治療は副作用のリスクの少ないがん治療として人気です。長期にわたる治療、小さながんの治療に向いています。免疫細胞治療には免疫細胞にガンそのものを攻撃させる方法と、免疫細胞の活動を正常に戻す方法とがあり、組み合わせて治療をします。

Read More >>

希望に応じて手術を選ぶ

乳癌治療の方法を丁寧に解説してくれているサイトがこちらです。将来病気で困らないために知識をつけおきましょう。

筋肉を残す方法が一般的

患者と話す看護師

乳癌は乳房のうち乳腺という組織にできるがんです。乳腺はしこりなどのできやすい部位で、しこりの原因にはいろいろな病気があります。しこりに痛みがある場合は乳癌ではなく乳腺症や乳腺炎の可能性が高いですが、痛くないしこりがあったり乳頭から血のまじった分泌液が出たりするような場合にはすぐ乳癌の検査を受けた方がよいでしょう。乳癌は乳腺にできるがんなので、完全にがん細胞を取り除きたい場合には乳腺とその周囲の脂肪組織とを取り除く手術によって治療します。この治療法には胸の筋肉をすべて残す方法や一部のみ残す方法などいくつかの種類があります。以前は筋肉も取り除くという手術による治療が行われていましたが、運動機能がダメージを受けるため現在では筋肉を残す方法が一般的です。

切除した後の再建手術

乳腺や脂肪組織を全部切除したくないという場合には、乳腺だけを取り除くという手術によって治療を行います。この場合、生存率自体は全部切除する場合とほとんど変わらないのですが再発率がいくぶん高くなります。乳腺だけを取り除くため、がん細胞の取り残しが発生する可能性があるからです。乳癌によって乳房を全摘出した場合でも、一部を切除した場合でも、それぞれの状況に応じて乳房の再建手術を行うことができます。全摘出した場合であっても以前のように筋肉は切除しないため、胸がえぐれるといった心配はいりません。胸が平坦になっている場合でも背中などの筋肉や皮膚を用いて乳房の再建を行うことが可能です。胸のふくらみはパッドによってカバーすることもできますが、やはり女性には乳房を再建する手術の方が人気です。

がんの最新治療法

看護師

免疫細胞療法は近年、注目されている、簡単で体に無理のない、がんの新しい治療法です。ただ、新しい故に行っている医療機関は限られ、また、保険適用外です。しかし、限られた医療機関は専門的に取り組んでいますので信頼できます。そして、医療費控除を申請すれば、実質、幾分かは治療費は戻ります。

Read More >>